ショパン 別れの曲 エチュード10-3

Frederic Chopin - Etude Op10 No.3 "Tristesse"

ショパンの代表作でもある「別れの曲」が作曲されたのは1832年でショパンが22歳の時だとされています。この頃ショパンは故郷ポーランドを離れ、パリへと拠点を移し「パリでの成功を夢見る心情」と「田舎を懐かしむ心情」が重なり合っていたであろう気持ちを現したのかもしれません。しかし「別れの曲」という題名はショパンが付けたものではなく、1934年のショパンの生涯を描いた映画「別れの曲」でこの曲が使われていたためです。この「別れの曲」は練習曲(エチュード)というタイトルが付けられていますが、多くのピアニストにより演奏会で演奏されています。美しい旋律と中間部の激しい旋律の対比も素晴らしく、完成度の高い名曲です。
ピアノ曲を器楽独奏用に編曲していますので、また違った魅力を感じていただけると思います。
*原曲はホ長調ですが、バイオリン、ビオラ、チェロ、フルート、クラリネット、オーボエ、ファゴット、テナー・サックスはニ長調にて編曲し、アルト・サックス、ホルン、トランペット、ユーフォニアムはハ長調にて編曲しています。

演奏時間 約4分30秒

価格 ¥500 

*伴奏用音源MP3データとパート譜及びピアノ伴奏譜PDFのセット価格
*各楽器共通価格、税込

バイオリニスト子安和美さんによる実演


 
>>子安和美さんの実演ページ

販売伴奏音源を使ったフルート独奏デモンストレーション

Violin用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Viola用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Cello用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Flute用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Clarinet(B♭管)

楽譜サンプルの確認 


Oboe用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Fagott用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Horn(F管)用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Trumpet用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Euphonium用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Alto Sax用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Tenor Sax用楽譜 

楽譜サンプルの確認