モーリス・ラヴェル   亡き王女のためのパヴァーヌ

Maurice Ravel - Pavane pour une infante défunte

「フランスの作曲家モーリス・ラヴェルが1899年に作曲したピアノ曲。(後に1910年にラヴェル自身が管弦楽曲に編曲)。 パヴァーヌとは、16世紀から17世紀にかけてヨーロッパの宮廷で普及していた舞踏のこと。ラヴェルによると、この題名は「亡くなった王女の葬送の哀歌」ではなく、「昔、スペインの宮廷で小さな王女が踊ったパヴァーヌを表現した」としています。よって、日本語の表記においても、「亡き王女」と表現すると、死んだ王女という意味が強くなるため、あえて漢字を使わずに「なき王女」と表記することもございます。 諸説ありますが、ラヴェルがルーヴル美術館を訪れた時にあった、17世紀スペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケスが描いたマルガリータ王女の肖像画からインスピレーションを得て作曲した、とも言われています。
ゆったりと、平和な気持ちになる名曲です。 

演奏時間 約5分25秒

価格 ¥500 

*伴奏用音源MP3データとパート譜及びピアノ伴奏譜PDFのセット価格
*各楽器共通価格、税込

販売伴奏音源を使ったファゴット独奏デモンストレーション

Violin用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Viola用楽譜 

楽譜サンプルの確認 


Cello用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Flute用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Clarinet(B♭管)用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Oboe用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Fagott用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Horn(F管)用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Trumpet用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Trombone用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Euphonium用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Alto Sax用楽譜

楽譜サンプルの確認 


Tenor Sax用楽譜

楽譜サンプルの確認