ラフマニノフ 「パガニーニの主題による狂詩曲 18番」

Rachmaninov -From Rhapsody on a Theme of Paganini No.18

1934年に作曲した25部から成る変奏曲形式の、ピアノを独奏楽器とする協奏的狂詩曲で、その中でも第18変奏曲は、映画音楽でも使われた親しみのある曲です。ロシア革命の混乱の最中に母国を離れたラフマニノフは、帰国することもかなわずアメリカ合衆国でピアニストとしての生活を送るようになりました。彼はアメリカでピアニストとしての名声を獲得する反面、作曲にはなかなか取り組めませんでした。そんな中、1931年に夏の休暇を過ごすためにスイスのルツェルン湖畔に建てた別荘で1934年6月3日に作曲を開始し、同年8月18日に仕上げられたのがこの曲です。 スケールが大きくロマンティックなこの曲は情熱的に熱演するにぴったりな曲です。
*原曲は変ニ長調ですがハ長調に編曲しています。
*アルト・サックスのみ、変ロ長調に編曲しています。(アルト・サックスの楽譜はト長調)

演奏時間 約2分30秒

価格 ¥500 

*伴奏用音源MP3データとパート譜及びピアノ伴奏譜PDFのセット価格
*各楽器共通価格、税込

販売用音源を使ったトランペットによるデモンストレーション演奏

Violin用楽譜

楽譜サンプルの確認


Viola用楽譜

楽譜サンプルの確認


Cello用楽譜

楽譜サンプルの確認


Flute用楽譜

楽譜サンプルの確認


Clarinet(B♭管)用楽譜

Oboe用楽譜

楽譜サンプルの確認


Fagott用楽譜

楽譜サンプルの確認


Trumpet用楽譜

楽譜サンプルの確認


Trombone用楽譜

楽譜サンプルの確認


 Horn(F管)用楽譜

楽譜サンプルの確認


 Euphonium用楽譜

楽譜サンプルの確認


Alto Sax用楽譜

楽譜サンプルの確認


 Tenor Sax用楽譜

楽譜サンプルの確認